群馬県のシステム開発・ソフトウェア開発なら株式会社ジー・エス・ディー(GSD)にお任せください。
また、システム開発・ソフトウェア開発向け人材派遣もお任せください。

› TOP       › システム開発       › ソフトウェア開発       › Web制作       › 人材派遣       › 実績紹介       › 会社概要       › 採用情報      ›  GSDブログ     › お問い合わせ
指静脈認証・ICカードを活用した
個人管理システム(社員・生徒・会員)
システムの概要・機能のご紹介
  1. 指静脈認証およびICカードを入力媒体として、個人管理を効率化する仕組をご提供致します。
  2. 現場にWindowsタブレット等を設置して静脈認証装置もしくはICカードリーダーを制御します。
  3. 管理者側システムはパソコンでお使いいただくWebソフトですので、Webに接続できる環境があれば何処からでも起動は可能です。
  4. Windowsタブレット側の画面から利用したい各機能のボタンを押すことにより、個人からの情報収集、個人への情報提供が管理者の手間なく行えます。
    (例えば社員管理なら個人の残業時間や有休残日数の照会、お弁当の注文などが個人の操作のみで行えます)
  5. 管理者側のシステムも用途ごと(社員・生徒・会員)に必要な管理項目をご用意致しております。
  6. またPDF出力の機能も用意されておりますので、管理者側では帳票形式での出力も行えます。
    (勤怠管理では「個人別の勤務表」、生徒管理では「個人別の出席表」などが作成可能です)
  7. 上記と同様に管理者側システムでは明細・集計データのCSV出力機能もご利用いただけます。
    (EXCEL等でのデータ活用、他システムへのデータ連携などが行えます)
  8. 管理者側APから個人の携帯・PCへメール送信が可能です。
    (ポイントの加算情報、各種申請への承認連絡、個別・全体へのお知らせ通知など)
  9. 現場用Windowsタブレット、管理者用パソコンともに複数セットでのご利用が可能です。
  10. 指静脈認証もICカードも使用しない、パネル操作のみでの運用も可能です。
生徒管理(学習塾での出退席管理、連絡ツールなどとしての活用)
《利用用途》
  • 出退席の管理(出退席時の打刻)
  • 出退席履歴の照会
  • ポイント制の導入、ポイントの照会
  • 生徒からの相談・要望 受付
  • 管理側APよりメール送信可能な情報
    1. ポイントの加算情報
    2. 生徒への個別連絡事項
    3. 生徒への個別連絡事項
生徒の出退席状況把握(打刻)はもちろん、生徒との連絡ツールとしてご活用いただけます。
会員管理(店舗でのお客さまサービス向上を主とした活用)
《利用用途》
  • ご来店時に打刻いただき来店管理
  • ポイント制の導入、ポイントの照会
  • ご来店・お買い上げ等の履歴照会
  • お客さまからアンケートの受付
  • 管理側APよりメール送信可能な情報
    1. ポイントの加算情報
    2. 会員さまへ個別の連絡事項
    3. イベント予定などのお知らせ
会員さまのご来店(打刻)履歴の把握、ポイント制導入・サービス向上のツールとして活用できます。
社員管理(勤怠の管理を中心に関連する管理業務の効率をアップする活用)
《利用用途》
  • 出退勤の管理(出退社時の打刻)
  • 有休・代休・残業などの申請
  • 有休残日数・残業時間等の照会
  • お弁当の注文受付
  • 管理側APよりメール送信可能な情報
    1. 各種申請への承認可否連絡
    2. 個人への連絡事項通知
    3. 全社員へ共通の連絡事項
社員の出退勤把握(打刻)はもちろん、社員との連絡ツールとして活用できます。
指静脈認証を利用する場合の例
ご本人が指を差し入れ、かざすだけで本人確認!!
生体認証で簡単に個人を認識、多目的な活用をご提案
  1. Windowsタブレットまたはパソコンに日立指静脈認証装置を接続してご利用いただきます。
  2. 1個人ID あたり 最大で10パターンの指静脈が登録可能です。
  3. 指の静脈にて本人が確認されますので厳密な個人の特定には適しております。
  4. 「指静脈情報登録」と「認証入力待ち受け」の2画面が基本で用意されております。
  5. 管理者側システムも業務内容、管理対象などによってさまざまにカストマイズ可能です。
  6. 現場にタブレットを設置することにより、認証入力だけではない多目的な活用法が創造できます。
  7. 指静脈は季節などで微妙に変化しますので、精度面の特性を考慮した上での選定が必要です。 (※)
ICカードを利用する場合の例
ICカードをかざすだけで本人確認!!
ICカードで簡単に個人を認識、多目的な活用をご提案
  1. WindowsタブレットまたはパソコンにSONY製ICカードリーダーを接続してお使いいただきます。
  2. 基本的にフェリカカード・マイフェアカードに対応致します。 (他のカードでも別途動作確認は致します)
  3. 他社製品でご使用中のICカードをそのままご利用頂ける可能性も高いです。 (要事前確認)
  4. ICカードを新規でご用意される場合は、市販の「フェリカ」もしくは「マイフェア」をご購入ください。
  5. 「ICカード情報登録」と「認証入力待ち受け」の2画面が基本で用意されております。
  6. 現場にタブレットを設置することにより、認証入力だけではない多目的な活用法が創造できます。
  7. 個人の特定用としては不十分ですので、運用による対応を考慮した上での選定が必要です。 (※)
|   TOP  |   システム開発  |   ソフトウェア開発  |   Web制作  |   人材派遣  |   実績紹介  | 有給休暇管理ソフト |
|   会社概要  |   採用情報  |   GSDブログ  |   個人情報保護法  |   お問い合わせ  |   リンク  |